薄毛になる原因

薄毛になってしまう原因を紹介しています。髪の毛は様々な生活習慣によって悪影響を受けています。ぜひ一度ご自分の生活習慣にも当てはまっている原因がないかチェックしてみてください。

遺伝による薄毛

髪の毛が薄くなってしまうことには、遺伝的な要因が関係していることが最近研究で明らかになってきました。

脱毛症の進み具合は、父親に似てくることがあります。もしあなたの父親が頭のてっぺんの毛が抜けているなら、あなたも頭のてっぺんの毛が薄くなる可能性が高いです。
また、父親だけではなく、母側のおじいちゃんともハゲは関連性があると考えられています。

ただし、薄毛になりやすい家系だからといって、薄毛になるわけではありません。発毛には遺伝以外にも様々な原因がかかわりあっています。悲観的にならずにヘアケアを続けることが大切ではないでしょうか。

過度のストレスによる薄毛

毛髪に悪影響を与える要因の中でも、特にやっかいなのがストレス。ずっとハゲや薄毛には縁のなかった人が、生活環境の変化や人間関係の心配ごとから、急に髪の毛に悩まされるようになってしまった、ということが少なくありません。

体がたえられないほどのストレスを感じていると、自律神経のバランスが崩れてしまい、血管が収縮すると考えられています。血管が収縮すると、体に酸素や栄養分が運ばれにくくなるので、髪に悪影響を与える原因になる危険性があります。

現代のストレス社会ではなかなか難しいことかもしれませんが、自分なりのストレス解消法を見つけることが大切になってきます。

 

以上が主な薄毛の原因になりますが、それ以外にはあなたの生活習慣による薄毛の原因があります。それは次のページでご紹介します。